ここにトランプが1組あります。ジョーカー2枚を除いて52枚を使います。
 3の倍数は、スペード、クローバ、ダイヤ、ハートに、それぞれ3と6と9と12の4枚ずつあるので、4×4=16枚あります。
 この52枚のトランプから1枚引いたとき、そのカードが3の倍数である確率を考えます。
 52枚のうち16枚が3の倍数のカードなので、数学的には 16/52 になります。
 しかし、実際には、1枚ずつトランプを引いては戻すことを52回行ったら、3の倍数のカードがちょうど16回出るということはありませんね。
 では、数学的に求めた理論上の確率の 16/52 との関係はどうなっているんでしょうか。

 シミュレーションソフト「3の倍数のトランプカード」を自由にダウンロードして、動かして遊んでみてください。
 実験例のPDFファイルが作成してありますので、参考にしてみてください。
 もちろん無料ですので安心して使ってください。
 ダウンロードしたファイルは圧縮してあるので解凍してください。
 使用上の注意は、解凍して作られるフォルダの中のファイル Readme.txt を参照してください。
 
<ダウンロードしたWindows用アプリケーションソフトの使い方>
 ・手動でやる場合は、[トランプをきる]ボタンをクリックし、次に[トランプを引く]ボタンをクリックします。
 ・自動でやる場合は、[自動 Start]ボタンをクリックし、次に[自動 Stop]ボタンをクリックします。

No シミュレーションソフト名 対応OS
 VBアプリケーションソフト『3の倍数のトランプカード』 Windows Me/2000/XP/Vista/7/8
 VBアプリケーションソフト『3の倍数のトランプカード』 Windows 95/98
 Javaアプリケーションソフト『3の倍数のトランプカード』 Windows XP/Vista/7/8

No  プログラムリスト名 ファイル形式
 Javaプログラムリスト『3の倍数のトランプカード』 PDF




戻る