いわむらじょうし





 岩村城は別名霧ケ城といい、天然の峻険な地形を活用した要害堅固な山城で、海抜721m に位置し、全国の山城の中で最も高地にあり、日本三大山城の一つである。
 岩村城の創築は鎌倉幕府初代将軍、源頼朝の重臣・加藤次景廉が文治元年(1185年)に遠山荘地頭に補せられたのに始まる。景廉の長男景朝が岩村に移り加藤の姓を地名の遠山に改め、以後遠山氏が代々居城した。
 戦国動乱の時代に入り、武田信玄の臣・秋山信友が元正元年(1573年)に岩村城を奪取して入城したが、同3年に織田軍に破れ、以後は川尻鎮吉森蘭丸、森長一、森忠政の森三代田丸具忠と28年間に目まぐるしく交替した。慶長5年(1600年)関ヶ原合戦後、西軍に属した田丸氏に変わって松平家乗(大給松平家)が城主となった。
 江戸時代の城主に松平氏2代、丹羽氏5代のあと大給松平分家の松平氏7代を経て明治維新を迎えた。城郭は中世城郭を近世城郭へと修築し、本丸、二の丸、出丸、帯曲輪、東曲輪、八幡曲輪等々が設けられ、丸と曲輪は石塁や自然の断崖をもって区画され、要所に櫓、堀、城門が構えられた。建物は明治維新によって廃城され、後明治6年(1873年)に取り壊された。(本丸跡にある岩村教育委員会・岐阜県教育委員会の説明より)

画像をクリックすると大きくなります...

岩村城址(霞ケ城) 岩村城址(霞ケ城)

写真集(岩村城跡)

 加藤次景廉遠山景朝景員→景賀→景茂→景明→景秀→景興→景重→持景→頼景→景友→景前→景任→御坊丸 (濃飛両国通史・遠山氏系譜より)


メニューへ戻る